ダイエットに先立ち、まず考えたいのがデトックス

特にお酒やタバコが好きな人や、頭痛薬などを常用している方は必須。スナック菓子など食品添加物が気になります。

お酒やタバコ、その他頭痛薬等を常用している人は、ダイエットするにあたって、それらの燃えカス、つまり、全身の血液中や脂肪に溶け込んでドロドロに溜まっている毒素を排出することを考えてみましょう。また、スナック菓子は摂取カロリーの問題だけでなく、保存剤や着色料の問題があります。高血圧や中性脂肪や血糖値が気になる方も注意しておいたほうが良い方法、それが、「デトックス」です。デトックスを行うことにより、体調がよくなり、サプリなどの吸収がよくなるので、あらゆるダイエット方法の効果をより出やすくすることにつながります。花瓶の水を変えるときはまず古い水を捨ててから新しい水を入れるものです。

便秘解消もデトックス

体内の毒素でもう一つ忘れてはいけないのが、腸内の毒素や老廃物の排出、つまり「便秘解消」。便秘解消は、確実に下腹部を凹ませ、輩出した分だけ体重を落ちることはカンタンにおわかりいただけると思います。

下腹部を凹ませるだけではありません。便秘などで本来体から排出されるべき老廃物が体内に残っていると、老廃物からさまざまな毒素が生まれてきます。そして、体のさまざまな機能低下や不調、なんとなく頭がボンヤリしているとか気分がさえない、といった状態になりやすいもの。しかし毒素や、毒素を生み出す原因にともなる体内の老廃物が抜けて体の内側からキレイになっていけば、ダイエットだけでなく、肌荒れやニキビといったお肌のトラブル解消にもつながるんです。ニキビも言うなれば、老廃物や毒素の排出異常ですからね。本来排出されるべき場所から排出されないで、お肌から噴き出しているいる状態なのです。

そんなわけで、デトックスを、ダイエットするにあたってまず考えていただきたいと思います。デトックスによって本来の体の調子を取り戻し、ダイエットしやすい体に戻しましょう!

デトックスの代表的なもの

ダイエットとして行うデトックスの方法にも様々な方法がありますが、ここではお手軽な3点、あげておきます。

 

————————–

①青汁

青汁はもともと野菜が原料なので、摂り過ぎに心配することはまずありませんし、くすりとの飲み合わせもほとんど気にする必要がありません。厚生労働省が、成人が一日に摂取すべき野菜の量は350グラムとしています。しかしたいていの人はそれを下回っており、野菜不足であることは否めないので、良質な青汁を飲むことには意味があります。必要量だけでなく、体質改善の目的で野菜を摂るなら、一日一キロ摂るぐらいの心意気がいいかもしれません。

野菜不足はなぜいけないのでしょうか、そして、青汁がデトックスに効果的な理由の一番目、それは野菜には食物繊維と葉緑素が含まれているからです。中学校の理科を思い出してください。植物細胞は、細胞膜の外側に細胞壁(セルロース)という、硬い繊維質のものがあり、これが食物繊維であり、肉料理や乳製品といった動物細胞には無いものです。そんな食物繊維は食べ物として腸内を通過する時に、タワシのように腸内を掃除し、排出を促してくれるものとされています。

食物繊維ともう一つの、野菜や青汁に多く含まれているもの、それは葉緑素(クロロフィル)。ここでも少し中学校の理科を思い出してください。動物の血は赤いのですが、それは血液中のヘモグロビンの分子構造の中心が鉄(Fe)でした。そして一方、植物細胞の葉緑素の分子構造は、ヘモグロビンと似た構造なのですが、中心はマンガン(Mg)、でそして緑色、なので濃い緑色に濃縮された青汁は、言うなればこのクロロフィルのエキスなんです。クロロフィルは、食物繊維とは違い、腸壁を通過して血液やリンパに吸収され全身を巡ります。そしてクロロフィルは体内の老廃物や毒素、つまりさまざまな酸化物を吸着し、汗や尿によって体外に排出するものとされています。もしかしたら、体臭や足の臭いが気になる方は特に、青汁の効果としてデトックスを実感できるかもしれません。血中の老廃物が多いと、いわゆるドロドロ血液。心筋梗塞や脳卒中が心配な方は、ダイエット、という意味だけでなく、デトックスを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
念のため、お断りしておきます。ここでは青汁をお勧めしておりますが、本当は、普段の食事から、野菜を摂るに越したことはありません。

【おいしい青汁】

そのまま青汁

高橋ミカ プロデュース】美力青汁beauty


 

————————–

②水

デトックスを考えるにあたって、青汁の他には、「水」を見直してみるのも基本です。ダイエットにいい、とされている水のたいていは、「○○水素水」といったものですが、水素イオンはやはり酸素イオンと結びつきやすいので、体内の酸化物を排出するにはためしてみる価値ありです。


高濃度ナノ水素水【ビガーブライト】

国内特許取得のダイエットウォーター【XYZ サイズダウン(Size Down)】

水道直結型水素水サーバーアクティブ・ビオ

 

————————–

③軽い運動

といっても、ここでは、カロリー消費のお話ではありません。日常生活のほんの些細な行為にもデトックスが期待できることがあります。
背筋をまっすぐ深呼吸をしてみる、とか、少し長めのお風呂に入って汗をかいてみる、など、それだけでも、青汁などと組み合わせると、デトックス効果を促進させ、ダイエットにつながっていくということですし、姿勢を直しただけでも、ウエストは細くなります。無理なダイエットは必要ありません。骨格と筋肉のバランスを整えてあげることも重要で、体内の巡りが良くなります。
運動に代わる積極的な毒素排出効果が期待できるもの、があるとしたらマッサージ。やっぱりエステで何をやっているかを知っておくだけでも必要かもしれませんね。マッサージによって、血液やリンパの流れを良くし、体内の老廃物や毒素を押し流されることが期待できます。


姿勢ウオーカー

背中スリムスイング

!熊田曜子・芹那プロデュース【おやすみ骨盤サポートパンツ&枕】


 

 

【参考】多少お金に余裕がある方はやっぱりエステをお勧めします。無料体験もありますから要チェック


エルセーヌ

ミスパリ

【スリムビューティハウス】骨盤ダイエット・よくばり美顔コース

ヴァン・ベール


 

【参考】自宅でできるものも調べてみました


優木まおみプロデュースホットマッサージジェル

手島優が共同開発の家庭向けエステ機器


 

【参考】最後の手段?それともこれこそ超手軽?美容外科


KM新宿クリニック


管理人オススメのダイエット方法