【重要】ダイエットの考え方その②

口から入ってくるカロリーのことを考えてみましょう。

ダイエットの語源はダイ(die)+イート(eat)と言われるほど。

ここでは、口から入ってくるカロリーのことを考えてみましょう。この項目では食べるものを減らして摂取カロリーを下げようというのが基本ですが、そうなるといずれ考え付くのが、減らすどころか、極端ではありますが、断食。もし断食に近いカロリー制限をするなら、様々な注意点があるのでそれを知らなくてはいけません。少なくとも、酵素系ドリンクは考えておいた方がいいと思います。念のためそれにふれておいて…。
まずは、食べた食事の脂質や炭水化物・糖質類の吸収を抑える、「食べなかったことにする」系のサプリが手軽なので、まずは、そこから試してみてはいかがでしょうか。
一番大切なことは、つらい思いをしてまで食べることを我慢したくない、ということ。ダイエットに対する考え方や気持ちやモチベーション(動機付け)が変わって、以前ほどガムシャラに食べてはいないのだけど、少ししか食べていないのだけど、それで気持ちが満足できる、ことが、このサイトで紹介させていただく方法です。同じ食事でも、ゆっくり噛んで時間をかけてみたり、食べる順番を変えるだけでも、「満腹感」、つまり、満足が得られるもの。ライフスタイルを積極的に改善したい気持ちになり、食べ物の好みも変わっていけば、無理したという感覚なく、意識することなく、食べることにも満足しながら、健康的に痩せていけます。そういうものですよね。そんなアイデアを、このサイトの他のページで紹介いたします。
我慢しないでダイエット。さあ!頑張りましょう!
…ではなくて、さあ!頑張るのをやめましょう!(笑)

小倉優子監修の置き換えダイエット食【スリムガールズヌードル

【サトエリ痩せが正義】ビエナゼリーライブラリー

オルビスのダイエットサプリ

中年おやじでもできる糖質制限ダイエット

【補足】食事制限や断食についての注意事項~そして恐怖のリバウンド

まず、ダイエットするにあたって、断食はおススメできません。「痩せる」という意味においては効果絶大なのですが、たいていは、弊害のほうが多く現れるからです。もし断食するのであれば、素人考えの思い付きで行うのではなく、適切な指導者の元で行ってください。イライラして情緒不安定になったりしては、お仕事にも影響しますし、何よりも、栄養不足から、肌から潤いがなくなってしまっては元も子もありませんよね。
断食ではなく、食事制限が、口から入ってくるカロリーの考えてダイエットするにあたっての基本になるのですが、中途半端な食事制限も同様も、ダイエットの最大の失敗、つまり「リバウンド」、さらには、年齢を重ね痩せにくい体質になり、そしてダイエットする度にリバウンドを繰り返し、気が付けば若いころから数十キロ体重が増え、ウエストは目も当てられない、という状況になってしまうので注意しなければいけません。
一般的に食事の量や品数を減らすと、栄養的な面から偏りや足りないものが出てきます。食事の量が多くても必要な栄養素が必要なだけ摂取されていなければ、満腹感を得られません。空腹感が消えないのはまだ体が不足している栄養分を欲しているからです。これは、美しいスタイルを維持するモデルさんに食事についてお話をうかがうと必ず出てくる内容で、彼女たちは少量ずつでも一日30品目とるように心がけていたりします。そう。我慢するのではなく、心がけでダイエットしているのです。白米を十六穀米に代えても16品目という計算になるのですが、それでもまだ30品目にはあと14品目たりません。そこで、酵素ドリンクが注目されるのです。

ベジスイート

クラスター水・酵素ドリンクでダイエット

十六穀米
>>十六穀米のAmazonでの検索結果<<