ダイエット方法 おすすめ

積極的なダイエットは体を動かす事から

新陳代謝を促進させましょう。

体を動かすことはなんといってもダイエットの基本。ダイエット向けとしてプログラムされ商品化されたものには軽いものから本格的なものまで、さまざまなものがありますが、大切なことは続けられるものを選ぶこと。(個人的には、何年か前、ビリーズ・ブートキャンプというダイエットエクササイズのDVDを購入したことがあるのですが、DVDの第一巻の封を開けて観たのは観たのですが続かず、未だに第二巻は封が開けられずにおりますが…。)
どの方法を選ぶにしても、まず三日、そして三週間、次に三か月…。もし三年続けることができたならば、確実に、ダイエットは成功していると思います。確かに、結果には個人差があるかもしれません。しかし、間違いなく言えること、一番大切なことは、それを続けること。つまり、それぞれの運動系ダイエットプログラムの中で「どれが一番効果がありますか?」と聞かれた場合の答えはただ一つになります。「どれでもお好きなものをお選びください。しかし、効果があるかどうかは、あなたがそれを継続できるかどうかにかかっています。」と。

レッグクイーン

サウナスーツ

BYE─10ダイエット

EMSタイプのエクササイズマシン★スレンダートーンプログラム

日本最大級の店舗数!フィットネスで健康ダイエット【CURVES】

TRF 「イージー・ドゥ・ダンササイズ」




カロリー消費には二種類

体についてしまった脂肪を燃焼させるには…

カロリー消費には二種類あります。(基礎代謝と新陳代謝)なので、脂肪を燃焼させるには、そのダイエット方法やサプリが、何に効くのかを知ることは、効率的なダイエットにつながります。

————————

①基礎代謝(カラダがじっとしていても行われるエネルギー消費)これが下がると太りやすい体質になり、体重を落とすといってもある程度筋肉をつける必要があるのはそのためで、自動車ならば、同じ速度で走行しても排気量が大きい車のほうが、小さい車よりも燃費が悪いのと同じです。また、基礎代謝については、じっとしていても体温が高いほうが、その分カロリーが消費されています。なので少なくとも冷え性などでお悩みの方はまず、基礎代謝をあげるダイエット方法を取り入れてみるといいかもしれません。食品として効果があるものとしてよく知られているのは、ショウガやトウガラシですが、それらの有効成分を抽出して飲みやすいサプリにしたものが数多く売られています。食品やサプリ以外では、入浴方法や入浴剤なども探してみる価値ありです。


日常生活の少しの動きで脂肪燃焼ダイエット!【エゴマ燃焼美人】

1日にトマト6個分凝縮【スリムアップトマト9】

ダイエットサポートサプリ「夜スリム トマ美ちゃん

————————

②新陳代謝(カラダを動かして積極的に行うエネルギー消費)運動などにより積極的に行うエネルギー消費を行うことは、当然ながら、ダイエットの王道。運動不足からくる肥満であることはやはりなにかしらの運動を行うことが一番効果的だと思われます。
しかし、運動やカラダを動かす事が嫌で、あるいはできなくて、肥満してしまった方がこのページを見ています(笑)ので、そんな方に、運動してください!といったところでそれは無理。本格的な運動によって脂肪燃焼を図るダイエット方法は別に説明させていただくとして、ここでは、そんな、運動がツラいとか面倒くさいと感じている人でも普段の生活ですでに行っている方法。一日20分ほどのウォーキング(犬の散歩でもいいです)程度のことなら日課として行っている人は多いことでしょう。そんな方が新陳代謝をもう少し活性化させる目的でサプリを飲んでみる、としたらそれははいい方法だと思います。
また、筋肉は運動をすることによって少しずつ壊れていく、といわれますので、アミノ酸系のサプリがおススメ。(筋肉は主にタンパク質からできているのですが、食物から栄養素としてはタンパク質を摂り、消化・分解されて吸収される時にはアミノ酸。そして体内でアミノ酸からタンパク質を再合成して壊れた筋肉を再生させるのであれば、すでに分解されて吸収されやすいカタチになっているアミノ酸、サプリでアミノ酸を直接体に摂りこむことは、吸収の面から即効性・効率性がよくなることにつながります。)アミノ酸には、触媒として脂肪燃焼を助ける効果をうたったものもあり、どうやら、疲労回復や運動の後に筋肉痛になりにくいだけではないようです。。いろいろお試しになって、自分好みのものを選んでいただくとよいのではないでしょうか。


アミノ酸パワーの燃焼系サプリ【ナチュアラBCAA】

秋山準選手登場!ドクターズチョイス L-アルギニン5000プラス


口から入ってくるカロリーのことを考えてみましょう。

ダイエットの語源はダイ(die)+イート(eat)と言われるほど。

ここでは、口から入ってくるカロリーのことを考えてみましょう。この項目では食べるものを減らして摂取カロリーを下げようというのが基本ですが、そうなるといずれ考え付くのが、減らすどころか、極端ではありますが、断食。もし断食に近いカロリー制限をするなら、様々な注意点があるのでそれを知らなくてはいけません。少なくとも、酵素系ドリンクは考えておいた方がいいと思います。念のためそれにふれておいて…。
まずは、食べた食事の脂質や炭水化物・糖質類の吸収を抑える、「食べなかったことにする」系のサプリが手軽なので、まずは、そこから試してみてはいかがでしょうか。
一番大切なことは、つらい思いをしてまで食べることを我慢したくない、ということ。ダイエットに対する考え方や気持ちやモチベーション(動機付け)が変わって、以前ほどガムシャラに食べてはいないのだけど、少ししか食べていないのだけど、それで気持ちが満足できる、ことが、このサイトで紹介させていただく方法です。同じ食事でも、ゆっくり噛んで時間をかけてみたり、食べる順番を変えるだけでも、「満腹感」、つまり、満足が得られるもの。ライフスタイルを積極的に改善したい気持ちになり、食べ物の好みも変わっていけば、無理したという感覚なく、意識することなく、食べることにも満足しながら、健康的に痩せていけます。そういうものですよね。そんなアイデアを、このサイトの他のページで紹介いたします。
我慢しないでダイエット。さあ!頑張りましょう!
…ではなくて、さあ!頑張るのをやめましょう!(笑)

小倉優子監修の置き換えダイエット食【スリムガールズヌードル

【サトエリ痩せが正義】ビエナゼリーライブラリー

オルビスのダイエットサプリ

中年おやじでもできる糖質制限ダイエット

【補足】食事制限や断食についての注意事項~そして恐怖のリバウンド

まず、ダイエットするにあたって、断食はおススメできません。「痩せる」という意味においては効果絶大なのですが、たいていは、弊害のほうが多く現れるからです。もし断食するのであれば、素人考えの思い付きで行うのではなく、適切な指導者の元で行ってください。イライラして情緒不安定になったりしては、お仕事にも影響しますし、何よりも、栄養不足から、肌から潤いがなくなってしまっては元も子もありませんよね。
断食ではなく、食事制限が、口から入ってくるカロリーの考えてダイエットするにあたっての基本になるのですが、中途半端な食事制限も同様も、ダイエットの最大の失敗、つまり「リバウンド」、さらには、年齢を重ね痩せにくい体質になり、そしてダイエットする度にリバウンドを繰り返し、気が付けば若いころから数十キロ体重が増え、ウエストは目も当てられない、という状況になってしまうので注意しなければいけません。
一般的に食事の量や品数を減らすと、栄養的な面から偏りや足りないものが出てきます。食事の量が多くても必要な栄養素が必要なだけ摂取されていなければ、満腹感を得られません。空腹感が消えないのはまだ体が不足している栄養分を欲しているからです。これは、美しいスタイルを維持するモデルさんに食事についてお話をうかがうと必ず出てくる内容で、彼女たちは少量ずつでも一日30品目とるように心がけていたりします。そう。我慢するのではなく、心がけでダイエットしているのです。白米を十六穀米に代えても16品目という計算になるのですが、それでもまだ30品目にはあと14品目たりません。そこで、酵素ドリンクが注目されるのです。

ベジスイート

クラスター水・酵素ドリンクでダイエット

十六穀米
>>十六穀米のAmazonでの検索結果<<


ダイエットに先立ち、まず考えたいのがデトックス

特にお酒やタバコが好きな人や、頭痛薬などを常用している方は必須。スナック菓子など食品添加物が気になります。

お酒やタバコ、その他頭痛薬等を常用している人は、ダイエットするにあたって、それらの燃えカス、つまり、全身の血液中や脂肪に溶け込んでドロドロに溜まっている毒素を排出することを考えてみましょう。また、スナック菓子は摂取カロリーの問題だけでなく、保存剤や着色料の問題があります。高血圧や中性脂肪や血糖値が気になる方も注意しておいたほうが良い方法、それが、「デトックス」です。デトックスを行うことにより、体調がよくなり、サプリなどの吸収がよくなるので、あらゆるダイエット方法の効果をより出やすくすることにつながります。花瓶の水を変えるときはまず古い水を捨ててから新しい水を入れるものです。

便秘解消もデトックス

体内の毒素でもう一つ忘れてはいけないのが、腸内の毒素や老廃物の排出、つまり「便秘解消」。便秘解消は、確実に下腹部を凹ませ、輩出した分だけ体重を落ちることはカンタンにおわかりいただけると思います。

下腹部を凹ませるだけではありません。便秘などで本来体から排出されるべき老廃物が体内に残っていると、老廃物からさまざまな毒素が生まれてきます。そして、体のさまざまな機能低下や不調、なんとなく頭がボンヤリしているとか気分がさえない、といった状態になりやすいもの。しかし毒素や、毒素を生み出す原因にともなる体内の老廃物が抜けて体の内側からキレイになっていけば、ダイエットだけでなく、肌荒れやニキビといったお肌のトラブル解消にもつながるんです。ニキビも言うなれば、老廃物や毒素の排出異常ですからね。本来排出されるべき場所から排出されないで、お肌から噴き出しているいる状態なのです。

そんなわけで、デトックスを、ダイエットするにあたってまず考えていただきたいと思います。デトックスによって本来の体の調子を取り戻し、ダイエットしやすい体に戻しましょう!

デトックスの代表的なもの

ダイエットとして行うデトックスの方法にも様々な方法がありますが、ここではお手軽な3点、あげておきます。

 

————————–

①青汁

青汁はもともと野菜が原料なので、摂り過ぎに心配することはまずありませんし、くすりとの飲み合わせもほとんど気にする必要がありません。厚生労働省が、成人が一日に摂取すべき野菜の量は350グラムとしています。しかしたいていの人はそれを下回っており、野菜不足であることは否めないので、良質な青汁を飲むことには意味があります。必要量だけでなく、体質改善の目的で野菜を摂るなら、一日一キロ摂るぐらいの心意気がいいかもしれません。

野菜不足はなぜいけないのでしょうか、そして、青汁がデトックスに効果的な理由の一番目、それは野菜には食物繊維と葉緑素が含まれているからです。中学校の理科を思い出してください。植物細胞は、細胞膜の外側に細胞壁(セルロース)という、硬い繊維質のものがあり、これが食物繊維であり、肉料理や乳製品といった動物細胞には無いものです。そんな食物繊維は食べ物として腸内を通過する時に、タワシのように腸内を掃除し、排出を促してくれるものとされています。

食物繊維ともう一つの、野菜や青汁に多く含まれているもの、それは葉緑素(クロロフィル)。ここでも少し中学校の理科を思い出してください。動物の血は赤いのですが、それは血液中のヘモグロビンの分子構造の中心が鉄(Fe)でした。そして一方、植物細胞の葉緑素の分子構造は、ヘモグロビンと似た構造なのですが、中心はマンガン(Mg)、でそして緑色、なので濃い緑色に濃縮された青汁は、言うなればこのクロロフィルのエキスなんです。クロロフィルは、食物繊維とは違い、腸壁を通過して血液やリンパに吸収され全身を巡ります。そしてクロロフィルは体内の老廃物や毒素、つまりさまざまな酸化物を吸着し、汗や尿によって体外に排出するものとされています。もしかしたら、体臭や足の臭いが気になる方は特に、青汁の効果としてデトックスを実感できるかもしれません。血中の老廃物が多いと、いわゆるドロドロ血液。心筋梗塞や脳卒中が心配な方は、ダイエット、という意味だけでなく、デトックスを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。
念のため、お断りしておきます。ここでは青汁をお勧めしておりますが、本当は、普段の食事から、野菜を摂るに越したことはありません。

【おいしい青汁】

そのまま青汁

高橋ミカ プロデュース】美力青汁beauty


 

————————–

②水

デトックスを考えるにあたって、青汁の他には、「水」を見直してみるのも基本です。ダイエットにいい、とされている水のたいていは、「○○水素水」といったものですが、水素イオンはやはり酸素イオンと結びつきやすいので、体内の酸化物を排出するにはためしてみる価値ありです。


高濃度ナノ水素水【ビガーブライト】

国内特許取得のダイエットウォーター【XYZ サイズダウン(Size Down)】

水道直結型水素水サーバーアクティブ・ビオ

 

————————–

③軽い運動

といっても、ここでは、カロリー消費のお話ではありません。日常生活のほんの些細な行為にもデトックスが期待できることがあります。
背筋をまっすぐ深呼吸をしてみる、とか、少し長めのお風呂に入って汗をかいてみる、など、それだけでも、青汁などと組み合わせると、デトックス効果を促進させ、ダイエットにつながっていくということですし、姿勢を直しただけでも、ウエストは細くなります。無理なダイエットは必要ありません。骨格と筋肉のバランスを整えてあげることも重要で、体内の巡りが良くなります。
運動に代わる積極的な毒素排出効果が期待できるもの、があるとしたらマッサージ。やっぱりエステで何をやっているかを知っておくだけでも必要かもしれませんね。マッサージによって、血液やリンパの流れを良くし、体内の老廃物や毒素を押し流されることが期待できます。


姿勢ウオーカー

背中スリムスイング

!熊田曜子・芹那プロデュース【おやすみ骨盤サポートパンツ&枕】


 

 

【参考】多少お金に余裕がある方はやっぱりエステをお勧めします。無料体験もありますから要チェック


エルセーヌ

ミスパリ

【スリムビューティハウス】骨盤ダイエット・よくばり美顔コース

ヴァン・ベール


 

【参考】自宅でできるものも調べてみました


優木まおみプロデュースホットマッサージジェル

手島優が共同開発の家庭向けエステ機器


 

【参考】最後の手段?それともこれこそ超手軽?美容外科


KM新宿クリニック



次のページ »